月別アーカイブ: 2015年3月

あわててお金を借りることになるとは

まさか自分がカードローンであわててお金を借りることになるとは思ってもみませんでした。実は友達とドライブに出かけていた時に事故を起こしてしまったんです。事故って言っても対物だったのですが。友達は保険には入ってたんですが、車両保険に入ってなくて車の修理代が保険でおりなかったんです。実はその車を運転していたのは私なんです。保険は友達の保険を使ったとしても車の修理代は払ってくれって言われちゃって。総額20万円。そんなお金は全くなくて。でも友達もお金がないから払ってくれないと困るって言われてしまって、大至急でお金が必要になる羽目になって、それで仕方なくカードローンを申し込んだんです。幸いカードローンを申し込むのが初めてだったって事と勤続年数がそこそこあったということが良かったのか希望金額の20万円を借りることが出来ました。もちろん審査基準は教えてくれませんので私の勝手な推測ですが。その20万円をそのまま友達に渡しました。それが私がカードローンを利用し始めたきっかけです。実はその後も20万円の借り入れの返済が終わった時にまたカードローンでお金を借りました。それ以来借りたり返したりと返済が滞るような事はありませんが、常に借りている状態になっています。

リボ払い

私が出産で実家に帰省している間に主人がクレジットカードでキャッシングを繰り返し、かなりの借金を作ってしまいました。
元々お金使いの荒い人だったので、お金の管理は私が全部していました。銀行のキャッシュカードも私が管理していて主人には渡していなかったんです。
主人には毎月お小遣いを渡していました。私が実家に帰省することになったので、主人には十分すぎるほどの生活費を渡して帰省したんです。
きっとその十分すぎる生活費がアダになったのでしょう。普段お金を渡してもらっていなかったので、使い込んでしまったようです。その後お金がないのでクレジットカードでキャッシングを繰り返して・・・
キャッシングの返済方法はリボ払いでした。銀行の通帳は実家に持って帰っていたのでクレジットカードの引き落としの確認はできていたのですが、利用明細書は家に届いていたので見ることができなかったのです。
出産後も私の体調がなかなか元に戻らず、結局2ヶ月間実家にいました。
2ヶ月経って家に帰ってみて、クレジットカードの利用明細書を見たときは愕然としました。数社のクレジットカードでキャッシングの形跡があったのです。
すぐに全額一括返済をしましたが、貯金がほとんどなくなってしまいました。

海外でもクレジットカードを利用することが

私は海外に暮らしていた頃が長かったので、海外でもクレジットカードを利用することが多かったです。 海外ではクレジットカードで支払いをするのが当たり前になっていて、スーパーマーケットでもクレジットカードで支払いをしていましたし、レストランでの支払いもクレジットカードで行っていました。 アメリカのクレジットカードは日本の支払い方とはちがって、はじめからリポ払い方式になっていて、どんなに高額な買い物をしても、毎月の支払い額はそれほど多くならないという感じで、支払いがとても楽でした。 ほとんどの支払いはクレジットカードでしていましたが、ポイントのことは気にしていませんでした。 ポイントを気にするようになったのは、日本に帰ってきて、日本でクレジットカード即日発行 クレジットカードを発行して使うようになってからです。 ポイントは日本独特のものなのかもしれません。 それに、デパートなどと提携したクレジットカードがあるのも日本独特のもののような気がします。 アメリカではデパートのカードはありましたが、クレジットカードとは別のものになっていました。 発行したクレジットカード 即日発行クレジットカードで支払うと、支払いが簡単に済むので、とてもスマートに支払いをすることができていいと思います。