お金が少し足りない時には

カードローンでお金を借りることに抵抗はありませんでした。私の場合周囲の人にいますぐお金を貸して下さいというのは抵抗がありますので、人に迷惑かけない形でのキャッシングは便利なものです。元々支払いはクレジットカード派の私はお金が少し足りない時にはクレジットカードのキャッシングでお金を借りていました。クレジットカードのキャッシング枠は5万円だったんですが、5万円だと少し足りないなと思うことが何度かあったんです。それでカードローンでお金を借りることにしました。カードローンでお金を借りるなら銀行のカードローンで借りたいなと思っていました。なんといっても銀行のカードローンは金利がかなり低いところがありますから。他で借り入れがある場合には銀行のカードローンの審査が通らない場合があるという事を知っていたので、まずはクレジットカードのキャッシングを全額完済してから、銀行のカードローンを申込みました。今までも返済が遅れたことなどがなかったことも良かったのか、特に問題なく審査に通り、銀行のカードローンでお金を借りることが出来ました。カードローンは最初に借入限度額を決めておいて、その限度額以内であればいつでもいくらでも自由にお金を借りられるというところが便利です。そしてカードローンはお金を受け取るのも返済をするのもコンビニのATMが利用できるので、日中銀行などに行けない私にはとてもありがたいです。クレジットカードのキャッシングと同じですね。